カウンター 一番東のブログ
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
一番東、報告する。

我、iPhoneになりたり。

繰り返す、我iPhoneになりたり。

うーーーーーーーーん

わからん。



というわけで明日は百万遍の手づくり市に参ります。

カット苗のセットと200円のポット苗があります。

ポット苗は5つ買うとプラス1個おまけが付くよ。

収穫の秋ですな。

あとサボテンと多肉苗、ハオルチアと紫帝玉の実生苗、鉢入り苗等があります。

今回センペルはないです。

あいすまぬ。



そして最近のセンペル。



見返り美人錦。


やっぱり写真がきれいな気がします…が、そもピントが合ってなかったからな…

なんかピントが合ってるだけでも素晴らしいような…

ありがとうピント…


しかしまあ、iPhoneには謎の機能「Live」があるらしく、喜んで写真撮ったものの、なんか…動くんですよね…

むにゅって…むにゅって…

最初「目疲れてんのかな」と思ったわ…

やめてiPhoneちゃん…最新の動きは控えてちょうだい…


そんなこんなで明日は百万遍です。

よろしくう!


一番東、今後の出店予定を告知する。

10月7日(土) 梅小路手づくり市

10月15日(日) 百万遍手づくり市

10月21日(土) ちいさな手づくり市(ゼスト御池)

 

よろしくお願いいたします。

 

しかしなぜこのように唐突にイベントの告知を始めたか。

「不審である」とお感じになった方もおいでであろう…

お答えしよう…

井上が己のスマホの画面を割ったからである。

ジーーーーーーーザス

 

まじすかアーメン南無観世音菩薩。

まじかー……

そんなわけで次回ブログに登場する時は、新しいスマホとなった時であろう。

おいたわしや我が財布。

これは財布ちゃんの息の根が止まりかねんぞ。

君はスマホちゃんの泉下のおともはせんでよいのやぞ!

生きろ財布 おまえはまだ死に方を求める程強くない……!

 

>>>

 

以下私信

 

田中氏

まじすか葉唐辛子ちょう好きです!

なになに!それは!なになに!

もしや葉唐辛子を私に……?

天使か!

ちょっとスマホ直ったら連絡しますね…

ほんとすいません…

梅、いいっしょ!

一番東、あめる。
先立っての「高野豆腐南無三攻撃」によりいささかばっかり体内が清められ、発心した大腸菌たちが出家してしまったのか、なんか鼻たれ。
どちくしょばーろーめえ。

そんなこんなで、百万遍の手づくり市の荷物には、ハオルチアがあります。
夏場は「無遮光」「雨晒し」で栽培しているので、我ながら「しまってんなーーー」って感じで笑ってしまいました。
すごい現地風。
っていうかやっぱりこのくらいの方が栽培としては安全なのでは、という気がします。
オブツーサ錦、ピリフェラ錦など別人のように顔が違います。
ほんとうに鉱物みたいでよい。

しかし画像はない。
なぜなら我が愛機スマホちゃんはもはやなにがなんだがわからんからだ…
仕方なし、機種変更するか、と思いきや、iPhoneが出るたら出ないたら、ということは古いのが安くなるかもたらならんかもたら、という具合で何も変わらんまま今に至る…



そんな中でスマホ近影。
みょうほう〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アップルくん、貴君のがんばりに私の機種変更の未来が懸かっているのだ。
持っている情報は全て出せ。
ほれ。早よ。早よ早よ!
一番東、南無三する。
教訓「古くなった高野豆腐は、いけない」

口に入れてしばし、井上じんわり考えていわく、「これはいけない」。
おお、高野豆腐よ、二晩で駄目になるとは情けない。
作って切って干してぶら下げて、挙げ句戻して炊いて冷やしてと、おまえは自分がどんだけ手間かかってるか知ってるか?
二晩くらい堪えんかい。
こなくそ。

東北岩手、三陸の方では「腐ってはいないが、傷み始めている気配がする」くらいの状態を「あめる」と言うそうですが、この高野豆腐、まさにそれ。
あめっとる。
身を以て学びましたね。
あめった高野豆腐はいかん。
いかんですよ…

そんなこんなで明日15日は百万遍の手づくり市に参ります。
よろしくう!
一番東、悪いことを覚える。
小さいまるいパンに板チョコをはさんで食べる。
これはとてもおいしい。
悪の味がする。
とてもおいしい。
ちなみにこの時、パンはこんがり焼いておくことと、チョコレートはパキッと音がする板状のものを用意すること。
大きなカップに熱い紅茶などいれておくと、なお気分が出てよい。
とても悪い味。
寒い屋根裏で毛布にくるまってランプの明かりで夢中になって本を読む主人公、が将来「思い出の味」として大統領就任後のインタビューで語るような…
なんだかとても悪い味。
これは素敵。