一番東、ハウス吹っ飛ぶ。

1シーズンぶり3度目。
井上提督、無能采配を露呈。ウッ

おいいいいいい 雪降っとんねん!!!
まあ、雪降ってるような荒天やから吹っ飛んだんですけど。
致し方なし。無念。



このハウス(自称)は資金の枯渇により一番造りがちゃちいやつ。
他は無事でした。
やつは四天王の中でも最弱…
やはり吹っ飛んだか…
手抜き工事だめ絶対。



吹っ飛んで中に雪が降り込んだ様子。
おお、三途の川がルッキング。
見よ、この惨状を! 皆学べ、次代のために!ウッ
でもまあ、案外「雪」だと臨死体験程度で戻ってくることも多いんで、無能は無能なりにダメコンしておきました。
個人的には「霜」の方が致命的な気がするな。
どちらにせよ。すまない。
ともに春を俟とう。

ところでみなさん各自おのおの防寒対策されてると思いますが、これから1週間、最低気温がマイナスになる日が続くようです。
こんな時、「暖房つけよう」「加温しよう」ができればいいんですが、できない場合。
そういう時は「いつもの防寒に新聞紙を足す」をおすすめします。
個人的には新聞紙の防御力はナイロンの4倍だと思っているので、プラス1の装備には効果的だと思います。
しかしあくまで新聞紙は新聞紙。
過信は禁物です。
でも割と有効。
ちなみにひなこたさんは「夜間(ハウスとかの上に)毛布をかぶせるといいよ!」とおっしゃっていました。
たしかに! それあったかそう! でもうち毛布貴重! しかしシーツは余ってる!
「よっしゃ、シーツ!」と申し上げたところ、「いやシーツは薄いやろ」とのことでしたので、やっぱあれよ、厚さは大事よ。
チームふとん構成員ならなんでもいいというわけではないのだ。
あぶないところやった。
よって、毛布がある人は毛布をかけるといいですよ。
うちは「凍結しきらない」のレベルで越冬してますが、プラス毛布だと「凍結の心配がない」くらいにできると思う。
シーツはあれよ、吹っ飛ぶよ。
吹っ飛ぶとあれよ。
ドキドキするよ。

まあ、そんなこんなでがんばって参りましょう。
次回の手づくり市参加は2月6日(土)の梅小路手づくり市です。

一番東、明日は上賀茂にゆく。

というお知らせ。
明日12月27日は上賀茂手づくり市に参ります。
なんと久々。
今年2回目ですかね。
他の手づくり市もそうなんですが、基本的に抽選なので、けっこう落ちるんですよね。
イヤー、イヤイヤそうなんですよ、落ちるんですよこれがまた。
と言っているうちに上賀茂は落ちまくって気がついたら年末でした。
オヤー、オヤオヤ。
アリャー、コリャマタ。



そんなこんなでエケベリア「七福神」。
秋に植え替えたら、成長点が増えました。
アアーッ、コリャメデタイ。



こちらはエケベリア「高砂の翁 綴化」。
貝殻みたいでとてもかわいい。

そんなこんなでよろしく年忘れ。
明日は歳末らしく苗もたくさんです。


一番東、植え替えに勤しむ。

気温の低下はすなわち成長の低下!
季節ってやつはちんたら待っちゃあくれないんだぜ!
とか言いつつ、ここしばらく植え替えをがんばっておりました。
勝負は火曜の雨ですかね。
それまでがんばります。
っていうかすでにがんばった。
枝の整理もしたので、ぱっと見スカスカかも。
でもこんくらいの方がよかろう。
なぜなら次の植え替えは1年後…とは言わんがたぶんそんな感じやからや!
油断するな!







ちなみに1年植え替えしないと、こうなります。



こちらはエケベリア「メビナ」。
カタカナで書くとメビウスっぽくて宇宙感ありますが、漢字で書くと「女雛」らしい。
「ダーリーダール(春雛)」と近い品種なのかもしれないですね。
両者とも細葉で緻密、非常に小型。
ちなみにこのメビナは一年以上植え替えをしていません…
すまぬ…
葉色が悪いのはそのせいであろう…
本来はもっと緑が濃いです。



さあ、鉢から抜いてみよう!
カッチカチやがな!
これはメビナも大激怒。
すまなんだ。
断面図にするとよくわかりますが、当時の私は徒長や根腐れに相当びびっていた様子。
井上ver.2015ともなるとかなりいちびってるので、もうちょい軽石減らしていいな!という気分です。
実際これの半分くらいにしましたが、まあ…いけるやろ…
あかんかったらまた井上ver.2016が「アカン!!!!!」言うてるのではないでしょうか。
がんばれメビナ。



こちら根をほぐしたところ。
引っ張って取れる根っこはいらん根っこ。
という方針なので、割とざっくりです。
いるんやったらまた伸びるやろ。
がんばれメビナ。



根を出していた子株もカットして独立。
がんばれメビナ。

一番東の栽培方針は「各自がんばれ」なので、みんな各自おのおの持ち場でがんばるように。
健康に問題のあるもの、環境に不満のあるものは死ぬ前に申し出ること。








こちらはセダム「ホワイトストーンクロップ」。
そんな環境でも、基本がしっかりしていれば特に問題ないようです。
新しい脇芽が美しい。
植物のこの赤が好きです。

そんなわけで植え替え楽しいです。
次回のイベント参加は11月7日の梅小路手づくり市です。
やったー。

一番東、秋の植え替えに勤しむ。

おやつをもらった。



ありがとうございます。
クッキーかわいいな。
さくさく。
土曜の梅小路は、朝たまごサンド作ろうと思って、ゆでたまごスタンバイ、食パンこんがり、までしてたのに、マヨネーズがないという衝撃の事故により、持参の食料がりんご2個というあれだったので、にこちゃんにとても癒されました…
おれ りんご まるかじり



クッキーの横に映っているのは、チタノプシス「天女」。
株の根本に映っている緑の芽が発芽2週間の天女。
天女は二株持っているのですが、相互に受粉して結実したもよう。
そして知らん間に熟して弾けて発芽したもよう。
おお、そこで生えちゃう? 生えちゃう?
いいねいいね〜。
井上、見守っちゃう〜〜〜。
がんばって〜〜〜。
割と放置。

ちなみに天女等のメセンは、外皮に水がかかると、硬い殻が開いて、中の種が外に弾き出されます。
これもまあ、そんな感じだったのだろう。
がんばれ。



ついでに今日はいも焼きました。
やはりうまい。

一番東、存在を示すこと。

井上は生きている。

ので、明日は梅小路手づくり市に参ります。
そんで日曜は桃山六地蔵の住宅展示場のイベントに参ります。
おうちを建てよう。
サボテンを植えよう。
多肉もあるよ!
ハオルチアもいいね!
わたくしはハウスがほしいです。

そんなこんなで秋なので、苗もいろいろあるよ。
ハオルチアも持ってくね。



井上が愛するハオルチア「細雪」。
雪の結晶のような緻密なロゼッタが美しい。
割と小型。
ミラーボールに似てるかも。



これまたお気に入り、ハオルチア「銀河鉄道」。
こちらは歪なロゼッタが、品種名とあいまって非常に心をくすぐります。
磨りガラス状の窓がほんとうに白くて、霜のかかった花巻の町を思わせる…
御主人、天ぷらそばとサイダーをひとつ。
葉裏がラベンダーがかった紫なのもいい。



古都姫かな?
これは尖り葉に泡窓。
葉色は黒。



3つ並べると葉形、葉色が違って素晴らしいですねー。
ときめきます。
やっぱり品種名は偉大だよ!!!

そんなこんなで明日は梅小路です。
どもどもー。


追記
3つ並んだやつ、銀河鉄道じゃなかったですね。
細雪、古都姫、古宮ですね。
やっぱりすてき。