ギムノカリキウム

ちょっと画像が大きく表示されるようにしてみました。
サボテンから出ているピンクのはつぼみ。
今月中には咲くかなあ。
緋牡丹錦の所属するギムノカリキウム属のサボテンは、肌の質感が独特で、日頃「恐竜みたいでスペシャルかわいい」と愛でておりますが、花も大きくて見応えがあるのがよい。
とてもよい。
もっと出回ればいいのに、と思いつつ、やっぱり成長がゆっくりめなので、殖やすのが難しいのかなあ、とも思います。
ぜひよいものを見つけられたらお手元で大きくしてみてください。

めっちゃもえる。




緋牡丹錦

ガラケーからスマホになりました。(ドコモ)
そしたら翌朝「ドコモ、iPhone発売へ」の報道が。
何てこったい\(^o^)/
でも使って見ると、XPERIA、相当使いやすいかも。
さすがSONYさん。

今まで、基本、画像は一眼で撮っていたので、今までは「パソコン立ち上げる→カメラ繋ぐ→画像サイズを縮小→ブログにアップロード→記事を書く」という、非常に面倒な道のりだったわけですが、これからはドコモさんとSONYさんのお助けのもと、こまめにブログの更新もできたらと思います。
ありがとう技術革新。
オリンピックの東京開催も決まったことですし、なんだかだんだん未来のかおりがしてきました。
オラ、ワクワクしてきたぞ!



そんなわけで、井上愛玩のサボテン「緋牡丹錦」。
ギムノカリキウム属のサボテンです。
園芸の分野で「●●錦」というと、「●●が突然変異で斑入りになったもの」という意味になります。
縞模様や縁取り、まだらなど、同じ柄のものがない、というのも魅力。
私は結構好きで、見つけるとつい集めてしまいます。
ちょうど今日、お願いしていた方から「緋牡丹錦、発送したよ」と連絡をいただいたので、週明けには届くかな、とたのしみにしています。
やったー!
株を見て、いいものがあれば、いくつか手づくり市に持って行きたいと思います。

次回は15日、百万遍の手づくり市に参加します。
よろしくお願いします!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村

北野天満宮の雷除大祭

 

6月1日は北野天満宮の雷除大祭です。
張り出された看板だけ見ていると、怨霊と化した菅原道真公が雷を落としまくっている…のを宥めるお祭なのかと思いきや、実は北野天満宮の摂社である火之御子社の例祭です。
本殿への参道の途中にある火之御子社は、天暦元年(947年)の北野天満宮御鎮座の以前からこの地にあり、朝廷からの崇敬も篤いお社。
天満宮のHP(http://kitanotenmangu.or.jp/kitano_event/火之御子社例祭(ひのみこしゃれいさい)/)でも「元慶年間(877〜885)には、藤原時平(右大臣)の父基経(太政大臣)が五穀豊穣を祈願」と紹介されています。
藤原時平と言えば、歌舞伎の「天満宮菜種御供」通称時平の七笑いで有名な、道真公を陥れたとされる人物。
その父親が五穀豊穣を祈願していた、というのもなんとも興味深い話です。


火之御子社のお社。
御神紋は四角のぐるぐるで稲妻の紋です。

火之御子社の雷除け、というとなんとなく「落雷で火事にならないようにかな」とか「パソコンが壊れないようにかな」と思いますが、本分はやはり「五穀豊穣」。
昔から、農家では「雷の多い年は豊作」と言い伝えられてきました。
学校の理科の時間に「雷の窒素還元作用」として習った方も多いんじゃないでしょうか。
落雷が空気中の窒素分を固定し、それらが雨に溶け込んで畑に降り注ぐことで肥料の役割を果たし、豊作になる、という仕組みがわかってきたのは近代に入ってから。
科学が浸透するはるか以前から、畑に出ている人たちは経験的にそのことを知っていました。
雷が夕立の前触れだということもあったでしょうが、昔の人たちは、私たちが思うよりもずっと頼もしい思いで稲妻の光を眺めていたのかもしれません。
けれども雷が多いということは、反面落雷も多いということ。
それによる火事や事故も多かったのでしょう。
雷はたくさん、でも火事も事故もないように。
そういった思いがこのお祭の本質であるように思います。

でもまあ、地元民的には、天神さんのあるこの場所は元々雷が落ちやすい場所だったんじゃないかなあ、という気もします。
天神さんの境内を出て南側、上京警察署のある辺りの地名は「下の森」。
能や狂言で有名な土蜘蛛がいたと言われる場所。
畑に囲まれた、周りに高い場所のない地形もあいまって、鬱蒼とした森に繁る木々に雷が落ちなかったとも言い切れません。
もちろん、落ちたのだよ!落ちたんやがな!とも言えませんが、まあ、長い歴史のうちに何回かは落ちたこともあったでしょう…
たぶんな…
そんなわけで筆者としては、この場所に火之御子社が御鎮座していたということに、非常に納得であります。
うむうむ!ナイスチョイス!


ちなみに本年は6月1日は土曜日。
曇り空でしたが、幸い雨も降らず、修学旅行シーズンまっただ中とあって、中高生がたくさん。
本殿前の棚いっぱいに絵馬が奉納されていました。
合格祈願や成績向上のお願いごとに混じって「好きな人ともっとなかよくなれますように」なんていう絵馬もあったりして、私は非常にいやされました…
大丈夫…なれるよ…祈っとく…みんなちょうがんばれ…
うちもがんばれ……

そんな受験生のみなさんは年に一度の雷除大祭にはあんまり興味がないらしく、ご本殿まっしぐら。
ちょっとさみしいような、うちは知ってるんだぞ、という優越感のような…
単純に制服の青春オーラが眩しいような…
と思いつつ、本殿横のお守りの授与所へ。
雷除大祭の当日だけ授与されるのはこちらのお札。


画像は納められた古いものですが、私も授与所で1枚いただいて参りました。
やー、なんとなく授与所のお写真を撮らせていただくのは気が引けて…
今は朝の5時の開門から日暮れの閉門まで、数を限らずに授与していただけるようになったそうですが、かつては「北野千体札」と呼ばれ、1000枚限りのものだったとか。
主な御利益は、雷火の災厄除けとともに、やはり五穀豊穣。
私もいただいて来たお札を早速お祀りしたいと思います。

神様、よろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ 京都旅行へ

ロンドンのサボテン



昨年のちょうど今頃、イギリスのロンドンへ行った時の写真。
毎週日曜日に開かれる花市、コロンビアロード・フラワーマーケット(Columbia Road Flower Market)で発見。
ちょうど花の時期だったので、いろいろ咲いててかわいかった。
枝分かれや群生など、小さい鉢なのに、日本ではあまり見かけない樹形が多くておもしろい……
と思いきや、その緋牡丹、それほんとにそれで大丈夫ーーーーー!!!???!?
と驚愕したのを、今日でも新鮮に思い出します。
ほんまにそれで大丈夫なんか……???
なんかもうあまりにも大胆な…
しかし何とも言えない魅力が…あるような…自由すぎるような…どこへ向かうんか……
とりあえずシャッターを切りながら「大英帝国万歳」と思いました。
大英帝国万歳。

たぶん日本では「緋牡丹はまるいもの」「緋牡丹はちょこんと載っているもの」というお行儀のよさみたいなものが求められている気がするのですが、大園芸帝国ブリテンアイランドにはそういう規制は一切ございません。
ゆけ。ゆけ植物よ。思う存分繁茂するがよい。
なんとなく聖書の「生めよ増やせよ地に満ちよ」を思い出します。
生んどる。増えとる。地に満ちとる。
すごいな。天使か。
こんなにぽこぽこになった緋牡丹(頭)初めて見たよー。
かわいいー。
自由だー。
すごく自由だー。
どうなってるんだー。
めっちゃほしい。

ちなみに後でフランスに渡って、パリの園芸店でも緋牡丹を見つけるのですが、パリのはちゃんとお行儀よく台木に座ってました…
イギリス…さすがだな…


二段目の棚の右奥にオレンジ、赤、紫の緋牡丹サボテンが並んでいます。
フランスはなかなかサボテンが熱いよ!
もえます。

でももしサボテンを海外から日本へ持って帰る場合は、きちんと手続きをしてくださいね。
サボテンは普及種、希少種問わず、すべての品種がワシントン条約によって保護されています。

それにしてもイギリスの緋牡丹、自由だな…
接ぎ木の性質が違うんかな…
うちもああいうぽこぽこのほしい…

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ

三船祭の日

 

今日は嵐山にある車折神社のお祭り「三船祭」。
が、雨でした…
久し振りに行ってみようと思っていたので、残念。
でもなんとなく三船祭は雨の年が多いような気がするので、「今年もか」と一人で納得。
「外も雨やし」と室内のサボテンに水をやりました。
大きくなれよ……

写真は斑入りサボテン「緋牡丹錦」。
表面の質感が恐竜っぽくてお気に入りです。
でも誰に言っても「ぽいね!恐竜わかるー!」って言ってもらえたことがない…
なぜだ…めっちゃ恐竜っぽいやん…ダイナソー感出てるやん…
そんなダイナソーもつぼみがたくさん出てきて、夏には花が咲きそうです。
ものの本には「大きなピンクの花が咲く」とあって、なかなかファンシーな姿が拝めるんじゃないかと思っております。
まんじゅうの上にもう一個お花のまんじゅう載せたみたいになりそうやな。
ダイナソー花だらけ。

にほんブログ村 花ブログ 多肉植物へ
にほんブログ村